SHUMI-MOmagazine

シュミモマガジンは女の子の趣味を応援するマガジンです

ダメ!ぜったい!販売NGのハンドメイド作品

   

ハンドメイド作品の中には販売してはならないものがあります。ところが手芸店などに材料が販売されていて自由に作って売って良いものなのだと勘違いしやすいものもありますので、ここでご紹介する販売NGの作品をしっかりチェックして違反を犯したりトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

<スポンサードリンク>

ハンドメイドアクセサリー

知的財産権を侵害するもの

他人の知的財産権を侵害するような商品を販売したり他人に譲渡する行為は,商標法、意匠法、著作権法などの法律で禁止される違法行為で、懲役10年以下、罰金1000まんえん以下の刑罰が科される可能性がありますので販売してはいけません。

具体的にはブランドのロゴをデザインしたものやブランドを想起させるようなハンドメイド品です。

知らなかった、みんながやってるからでは済まされないものですのでハンドメイドを販売する場合にはあらかじめチェックしておきましょう。

 

デザインやマークがブランド品のロゴを想起させるもの

ハンドメイド品にブランドのロゴを許諾なく使用して販売することは「商標権」を侵害することになります。

ネット上にはあるブランドを想起させるような商品が多数出品されていますが、これはやってはいけない行為ですのであなたは絶対に手を出さないようにしましょう。

 

ブランド品の全部または一部を加工したリメイク品

ブランド品のラッピングのリボンやブランド品の一部を加工して販売することも禁止です。

人気ショップのトートバッグを加工して販売するなど、自分1人で楽しむのではなく、これを販売してはいけません。

キャラクターもの生地を使ったハンドメイド品の販売

キャラクターがプリントされている生地やワッペンなどは手芸店でたくさん販売されているので、自由に使っていいと思っている方が多いですが、実は注意点があります。

キャラクタープリント生地でハンドメイド品を作ることはまったく問題ではありません。

ただ、これを販売してしまうと営利目的でキャラクターを無断使用したということになってしまうのです。

もちろん、キャラクターを模倣した作品、キャラクターを想起させる作品もNGです。

マリメッコの生地もNG

北欧のブランドマリメッコではカラフルな花柄の生地が販売されています。

こちらもキャラクター生地と同様にハンドメイド作品を商用利用することは不可能です。

同様にマリメッコ風というようなマリメッコを模倣した、マリメッコを想起させつ作品は商標権を侵害する行為ですのでNGです。

リバティのように商用利用が可能な布もありますので使用する布が商用可なのか、商用利用不可なのかをチェックしておきましょう。

バーバリー風チェックのような布もNG

バーバリー風チェックのような生地も手芸店に販売されていることがありますが、こちらも商用利用は避けた方が良いです。

 

他人の作品をマネしたデザインを販売

ハンドメイド作家の仕事をしていると新しいデザインの研究のためにたくさん作品を見たり、そうでなくても他の作家さんの作品が目に入ってきます。

 

そこで他の作家さんの作品をそのままマネして作った作品、つまりパクリ作品を販売してはいけません。

 

厳しいことを言ってしまえば他人のハンドメイド作品を一度パクってしまったらハンドメイド作家としては終わったと思った方が良いくらい重いことです。

なぜなら、パクリをやってしまうとパクリから逃れられなくなってしまうからです。

 

自分で何回も失敗してボツ作品を大量に作ってやっとできたものに比べてパクリは失敗もなく楽に作品が完成してしまいます。

そうなるともう、オリジナルなんて馬鹿らしくてやってられなくなってしまうのです。

 

今回だけ、今回だけと繰り返すうちに、パクリ以外では作品を作りだせなくなるので絶対に手を出さないでください。

 

書籍に掲載されている作品をそのまま販売

書店に行くと素敵なハンドメイドレシピの本であふれかえっています。

書籍化されるほどですのでその分野の一人者の方が作り出したレシピを写真付きで丁寧に解説してくれて初心者には参考になりますね。

 

しかし、その本に掲載されている作品をそのまま作って販売することはできません。

 

本は自分の趣味のためにレシピを公開していますので、商用利用は不可です。

もし、どうしても同じものを作りたい場合は出版社に問い合わせてみてください。メールで聞けばOKです。出版社の方で判断して許可が下りれば販売可能です。

 

お店に置いてある無料レシピで作って販売

手芸店やパーツショップには無料のレシピが豊富に用意してあり、お店に販売している材料を使って作品を作ることができるのでありがたいですね。

しかし、この無料レシピを使って作った作品を販売することは禁止です。

 

この無料レシピも個人の趣味の範囲で楽しむために配布しているものですので、商用利用はできません。

ただし、お店によって無料レシピの考え方は異なります。商用利用可としているショップもありますので、お店に問い合わせてみてください。

芸能人・タレントの肖像権を侵害する商品

60

芸能人の写真など、他人の肖像権を侵害するものを販売してはいけません。

大好きなファンならそのようなことをして、タレントさんに迷惑をかけないようにしましょう。

 

商品の販売ページに芸能人が着用しているかのように見せたり、芸能人のファッションの雰囲気とコーディネートできるように見せるためにその芸能人の画像を掲載することもしてはいけません。

 

 -  └ハンドメイドネット販売, 未分類, まとめ, ハンドメイド売上アップ