SHUMI-MOmagazine

シュミモマガジンは女の子の趣味を応援するマガジンです

2020年3月19日更新 ハンドメイドマスクの販売可能サイトと禁止サイト

      2020/03/31

新型コロナウィルスの影響でマスク不足の今、1人でも多くの方にマスクをお届けしたいとハンドメイドマスクの販売に乗り出したハンドメイドクリエイターさんもいらっしゃると思います。 しかし、マスクの高額転売の横行により、ハンドメイドマスクも含むマスクすべての商品に対して販売禁止措置を取る販売サイトが出ました。 結論から言えば、現状、ハンドメイドマスクを販売することができるのはクリーマだけです。

<スポンサードリンク>

 

ハンドメイドマスク販売可否状況

販売サイト 販売可否
ミンネ ×
クリーマ
メルカリ ×
ラクマ ×
ヤフオク ×

今のところ、ハントメイドマスクを販売できるのはクリーマのみです。

他の販売サイトではハンドメイドも含め、衛生マスクの販売は一律禁止、もしくは非公開状態としています。

 

ミンネ

ミンネではハンドメイドマスクを出品しても公開状態にはなりません。

 

2020年3月15日以降出品が確認された場合は作品の削除とアカウントの制限が行われる場合があるということですので注意が必要です。

また、作品ページを削除する必要はなく、非公開になっていればOKとのことです。展示状態の場合でも非公開にする必要があります。

販売の再開については現時点では未定としています。

クリーマ

クリーマではマスクの出品に対して管理体制を強化するとともに、マスク不足解消に向けてハンドメイドマスク特設ページを設置して販売を強化しています。

 

しかし、クリーマでも転売と思われるマスクや、社会通念を逸脱するような価格でのマスクの販売、他の商品のおまけとして市販の使い捨てマスクをプレゼントする行為は禁止です。

 

メルカリ

メルカリではマスクは既製品、ハンドメイド品にかかわらず削除対象となっています。



 

 

メルカリからのお知らせを見るとマスクは個人が自作したものを含み、一律禁止し、削除対象とすると記載されています。

 

ラクマ

ラクマではマスクの販売はハンドメイド品も含め、出品禁止となりました。

 

ラクマでハンドメイドマスクを出品すると商品の削除と、場合によってはアカウントに制限がかけられてしまうようですので気を付けてください。

 

ヤフオク

ヤフオクでは医療用、予防用、健康・衛生維持のためのマスクが出品禁止物に追加されました。



 

 

出品禁止となる衛生マスクについてかなり細かく解説がありますが、要するに、私たちが一般的に花粉症などで使う「マスク」と呼んでいるものはハンドメイド品も含めて出品禁止ということです。

出品されている商品については出品削除となります。

また、「当面の間」との記載があり、今後出品禁止が解除される可能性を示唆しています。

 

現在、ハンドメイドマスクが出品可能なのはクリーマ

現在のところ、ハンドメイドマスクが出品できるのはクリーマのみとなります。

注意したいのは「セット販売」というもので、他の商品とセットで販売すること、商品のおまけとしてマスクをプレゼントする行為も禁止されていますので禁止事項に触れないように注意してください。

 

マスクの作り方動画

 

 - ニュース, 未分類, まとめ