SHUMI-MOmagazine

シュミモマガジンは女の子の趣味を応援するマガジンです

あなたとあなたの作品の魅力を言語化することでブランディングにつながる

      2017/10/16

ハンドメイドを販売するときの商品紹介、ハンドメイドの活動をブログで伝えるときにあなたの魅力をしっかりと言葉で伝えられるとお客様にその魅力やあなたの作品にかける想いが伝わりやすくなり、売り上げにつながりやすくなります。

 

言葉が足りない人が多い

筆者は職業柄毎日大量のハンドメイド作家やハンドメイド教室のブログを見ますが、総じて思うことは「みんな言葉が足りないな」ということです。例えば、ブログタイトルが「キラキラピアス」「大人可愛いリース」などで、ブログの内容がタイトルをなぞるような言葉だけだったり、「優しい色合いのお花のリースです。」や「ピンクもつくれちゃいます。」「優しい雰囲気の○○です。」など、曖昧な言葉が並ぶだけで終わってしまっています。

これではお客さまには伝わりません。タイトルもブログ本文も文字数が少なすぎます。販売の時も商品タイトルがこれだけだと商品の特徴やこだわりが伝わりません。

筆者の印象では、ブログ投稿や商品出品の時に文章を書くときに「これ以上膨らまない」という感じなのではないでしょうか?なぜなら、実際にこういったことを直接アドバイスするときに一番起業家さんが苦戦する部分であり、なかなかすぐには改善できない部分であるからです。

 

言葉で商品の魅力を伝えるには訓練が必要

言葉であなたの商品の魅力や作家であるあなたの価値を伝えるにはちょっとした訓練が必要になります。つまり、魅力を言葉化することを習慣にしないと身に付きません。

しかし、ハンドメイドをブログで宣伝したり、ネット販売するには必須のスキルでもあります。ブログもツイッターも「文字」の文化だからです。そして、ネット販売も「文字」で伝える販売方法だからです。つまり、ブログやツイッター、そしてネット販売をするなら文字で魅力を伝えるスキルは身に着けていかなければ売れるようにはなっていきません。

 

曖昧な言葉ではなく、具体的な言葉で表現することを習慣化する

言葉で作品や自身の魅力を伝えるには具体的な言葉を心がけることが大切です。「キラキラ」「素敵な」「可愛い」などは曖昧すぎるので、もっと具体的に表現しましょう。揺れて動いてキラキラになるデザインなのか、柔らかな光を放つきらやかなのか、鮮明な光を放つのか?虹色の光なのか?などなど、その素材をなぜ選んだのかも含めて深く考え、それを言葉にしてみましょう。

ハンドメイド以外のネットショップやカタログ、雑誌などを見てどんなコピーが使われているのかを研究してみるのも効果的です。

ポイントは「一言で終わらせない」ということです。最初は大変ですが、身に付けば一生使えるスキルになりますので、ぜひ挑戦してみてください。

 

 

 -  └インターネット活用術,  └ハンドメイドネット販売, まとめ, ハンドメイド売上アップ, 未分類 , , , ,